好文学園女子高等学校

HOME教育の特色小笠原流礼法

HOMEへ戻る

能力を伸ばす 好文未来学 小笠原流礼法
地域交流・ボランティア活動

小笠原流礼法

〜好文ならではの女子教育〜 しとやかな心を育む

小笠原流礼法の習得

私たちは日常の立ち居振る舞いで、無駄な動きをしている場合が多々あります。そして、その無駄な動きが楽だと思い込んでいます。しかし、無駄の多い不自然な所作は見た目に美しくないだけでなく、知らないうちに自分自身の健康を害し、心を蝕んでいきます。 無駄のない合理的な立ち居振る舞いを身に付け、身も心も美しい女性を目指すために、好文学園では「小笠原流礼法」を授業に取り入れています。

  • 小笠原流礼法の授業
  • 小笠原流礼法の授業
「小笠原流礼法で学ぶ作法」
  • 美しい姿勢(立った姿勢・跪坐の姿勢・正座の姿勢)
  • お辞儀(立礼・座礼)
  • 椅子の作法
  • 歩き方
  • 回り方と曲がり方
  • 膝行・膝退(座っての進退)
  • 物の扱い方(物の持ち方と受け渡し方)
  • 上座・下座、席次の理解
  • 玄関での作法(コート等の裏たたみ、履物の脱ぎ方・揃え方)
  • 襖・障子・ドアの開閉
  • 座布団の作法(座り方・離れ方・進撤)
  • 蓋付湯呑茶碗の作法(蓋の取り方・お茶のいただき方・進撤)
  • 食事作法(箸の扱い方・和食器の扱い方・和食のいただき方)
  • 和服の扱い方(着物の心得とたたみ方)
  • 紐結びと折り方
  • ビジネスシーンの作法
    (名刺交換・エレベーターの乗り降り・返信用はがきの書き方等)
  • 掛軸の扱い方   他
  • 小笠原流礼法入門
■指導・監修
弓馬術礼法小笠原教場 三十一世宗家 小笠原 清忠先生

弓馬術礼法小笠原教場
三十一世宗家
小笠原 清忠先生

  • 〔略歴〕
  • 東京都学生弓道連盟会長
  • 日本古武道協会常任理事
  • 儀礼文化学会常務理事
  • 池坊学園客員教授
  • 皇學館大学現代日本社会学部特別招聘教授
小笠原流礼法とは

小笠原流礼法とは、時、所、相手に応じて「当たり前のことが、当たり前に行える、という正しい生活態度としての行動」なのです。そのためには、行動の基準である基本体、基本動作ができなくてはなりません。身体も心も態度もその姿勢のあり方が方向を決めてゆくことになります。正しい生活態度とはどういうものかをわきまえていてこそ、社会生活において臨機応変な行動ができるのです。

授業で学んで欲しいこと

小笠原流礼法の授業では、美しい姿勢を意識し基本の立ち居振る舞いを繰り返し稽古することによって、正しい知識と作法を、そして相手への思いやりの心を身につけていただきたいと願っております。

小笠原流礼法 担当講師 萩本 房子先生
小笠原流礼法担当講師
萩本 房子先生

小笠原流礼法 担当講師 高林 由起子先生
小笠原流礼法担当講師
高林 由起子先生

小笠原流礼法 担当講師 小野 真帆先生
小笠原流礼法担当講師
小野 真帆先生

好文学園女子高等学校
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟3-8-22
TEL.06-6472-2281  FAX.06-6472-2365

Copyright(C) 学校法人好文学園 All rights reserved.