受験生スペシャルサイト

CLOSE

好文学園女子高等学校

HOME学校紹介好文木変わるTPO

校長メッセージblog 好文木

2017.07.15

変わるTPO

IMG_0695 この時期になると、クールビズが話題となります。今朝のダイヤモンド・オンラインに伊藤忠商事が服装規定を大胆に改正し、毎週金曜日を脱スーツ・デーとして石田純一風もOKとなったとの記事が掲載されていました。いわゆるくるぶしまで出して素足に靴を履くスタイルも認められるそうです。ポロシャツ、カーゴパンツ、スニーカー、ジーンズ(破れ加工やオーバーオールは不可)もOK。伊藤忠は私の古巣であり、財閥系に比べると自由闊達な社風の会社でしたが、30年前にポロシャツ、チノパン、素足にスニーカーで出社したら、きっと、大阪出身の上司から「おまはん、なに考えてんねん。どこ遊びに行くねん」と怒鳴られたことでしょう。
 伊藤忠には繊維商社から総合商社へと発展した歴史があり、繊維部門には強みがあります。現社長の岡藤氏はいち早く早朝出勤推奨と残業の制限などいわゆる働き方改革には積極的に取り組んでおられます。ご自身が繊維部門出身ですから、特にファッションについては一家言おありで今回の服装規定改革も率先されたのだろうと思います。この改革の趣旨は、社内の雰囲気を変え会議などでの新しい発想の出現を期待し、またアパレル市場の消費活性化にも一役買うことを期待してとのこと。
 しかし、服装をカジュアルにしたから新しい発想が出るというよりは、奇抜な発想をする人は常識に拘らず我が道をゆく服装をしているというのが本当のところではないのかと思います。伊藤忠によると、行き過ぎるとチャラくなるので、「TPOをわきまえた仕事着で」ということらしいですが、ここまで来ると、わきまえるべきTPOの基準は大きく変わってしまっており、是非を問うには非常に高度なファッションセンスが必要だと思います。
 環境省では今年もアロハシャツもOKのスーパー・クールビズを実施されているのでしょうか。学校にこのクールビズの波が押し寄せないことを願います。何分最近は、教育改革にも欧米化が進んでいますので、創造性や感性を磨くために学校にもクールビズ導入をなどと言われては生徒指導の現場は大混乱になるでしょうから。何事も、基礎基本が備わってこその応用なのですから。

好文学園女子高等学校
〒555-0013
大阪市西淀川区千舟3-8-22
TEL.06-6472-2281  FAX.06-6472-2365

Copyright(C) 学校法人好文学園 All rights reserved.