とじる
Menu

卒業生インタビュー

その先にあるのは、
晴れやかな笑顔。

進路に対する明確な目標が
粘り強く取り組む力になった

私は中学の時から教員になりたいと思い、大阪教育大学を目指していました。そして好文学園が国公立大学合格の実現をサポートしていると聞き、入学を決めました。しかし、3年生になっても成績は伸びず、何度も挫折しそうになりましたが、大阪教育大学に行きたいという明確な目標があったため、粘り強く取り組むことができました。さらに、つらい時でも支えてくれたクラスの仲間や先生方にも助けられて、最後まで頑張ることができました。

勉強とクラブ活動を両立し
国公立大学への進路を実現

経済・経営学、国際学を学べる国公立大学を目指していた私は、勉強と合わせてクラブ活動(弓道)も両立できる好文学園を選んで入学しました。学習面では先生方が個別指導をしてくださったり、相談を聞いてくださったりとさまざまなサポートをしていただきました。さらに、すきま時間を活用したり学習計画を立てたりすることで、勉強とクラブ活動を両立。顧問の先生や仲間からの配慮のおかげでクラブ活動も充実した取り組みになりました。

クラブ活動で培った力を
受験勉強でも存分に発揮

大学の過去問の点数が伸び悩んでいた時は、担当の先生に何度も相談して自分の弱点を探しました。これは、 3年間所属したソフトテニス部で培った「苦手なことに対して徹底的に取り組む力」を存分に生かして発揮することができたからだと思います。多くの先生に支えていただいたおかげで、過去問で8割の点数がとれるようになりました。 勉強もクラブ活動も、このコースだったからこそ、最後まであきらめずにやりきることができました。

3年間の学校生活を通して
自分を変えることができた

好文学園に入学した当時、私はコミュニケーションを取ることが苦手でした。しかし、『未来デザイン』の授業で学んだディベートやディスカッション、論文発表などを通して、自然と周りの人と話すことができるようになりました。また生徒会長を務めさせてもらい、授業で鍛えた「自分の意見を論理的に伝える力」を生かして、さまざまな学校行事の成功に貢献できたと自負しています。こうして自分を変えることができた3年間は自分にとって大切なものだと実感しています。

同じ夢を追いかける仲間は
かけがえのない強い存在

3年間前向きに学習に取り組み続けられたのは、同じ夢を持つクラスメイトからさまざまな刺激をもらい、支え合うことができたからだと思います。受験勉強から逃げ出したくなった時も、クラスメイトの頑張っている姿を思い浮かべると自分も負けてられないという思いで最後まで走り切ることができました。その結果、第一志望校の合格を勝ち取ることができ、さらにクラスメイトやサポートしてくださった先生方のおかげで悔いのない高校生活を送ることができました。

ピアノを弾けないまま入学
今ではスラスラ弾けるまでに

私は好文学園に入学するまでピアノを弾いたことがありませんでした。最初はピアノを弾けるようになるか不安でしたが、先生方が丁寧に指導してくださるので、今では入学当初の自分とは別人のように弾けるようになりました。また周りには同じ夢を持った仲間がたくさんいたので、共に切磋琢磨しながら学ぶことができました。大学受験においてもコースの先生や担任の先生などをはじめ多くの先生に指導していただき、希望の大学に合格できました。

社会に出て役立つスキルを
高校生の間に習得できた

ITライセンスコースは、就職や進学に役立つWord・Excel・PowerPointの資格取得を目指すコースです。最初の授業はタッチタイピングの練習から始まるので、入学するまでまったくパソコンに触れたことのない私でも安心して授業を受けることができました。また、授業内でMOSについて学べることが、このコースの一番の特長だと思っています。手厚く指導してくださる先生のもと、クラスメイトと切磋琢磨しながら、授業と自主練習で取得できた資格は必ず将来の夢につながると信じています。

第70回 大阪私学美術展
最高位の「大阪府知事賞」を受賞

自分を成長させるために必要なのは、チャンスを貪欲に掴み取ろうとする姿勢だと思います。できない理由を考えるのではなく、挑戦してみる、やってみる。私はその心持ちを大事に1年生から積極的に美術コンクールに参加し、その過程で大切な仲間や経験を得ることができ、目標であった、大阪私学美術展大阪府知事賞をいただくことができました。美術に限らず、高校生活ではさまざまなチャンスがあります。ぜひ好奇心と探求心を持ってチャレンジしてみてください。

週刊少年サンデー
新世代マンガ賞 奨励賞 受賞

読みやすさと物語の目的を意識して描きました。奨励賞をいただけた時は飛び上がって喜びました。ですが、改善点もたくさんあるので、これからもさらに上位の賞や連載を目指して描き続けていきたいと思います。